ルーレットのサレンダーのルール

ルーレットのサレンダーのルール

サレンダー Surrender は、アメリカのアトランティック・シティのカジノで 1980 年に採用されたルールです。

イーブン・マネー・ベットのチップは、0 か 00 が出ると「サレンダー(降伏)」と呼ばれ、半額は親(ディーラー)による没収されますが残りは子(プレイヤー)に戻されます。

つまり、「親の総取り」ではなく「親の半取り」と言ったところです。